2010年05月25日

椎間板ヘルニア

ミントが椎間板ヘルニア(おそらく)になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

土曜日の夜までは普通に散歩にも行っていましたが、夕飯の時にいつものように
喜ばないのでおかしいなと思いつつ、普通に食べたので様子を見ていました。

日曜日は雨だったので散歩に行かず様子を見ていましたが、やはり元気がなく、
夜になって後足がふらついているのに気づきました。

その時点ですぐに病院に行けばよかったのですが…
月曜の朝にはほとんど歩くことができなくなり、食欲もなく排泄もしないので
急いで病院に連れて行きました。

ごめんね、ごめんね、もっと早く気づいていれば、もっと早く病院に
連れて行ってあげれば…いつも見てるのに、なんてバカなんだろう…顔(泣)

診察の結果、椎間板ヘルニアの可能性は高いけれど、レントゲンだけでは
明らかに病巣は確認できず、大学病院などでMRIかCTで見てみないと
ヘルニアか神経の病気か確定はできないとのこと。
だけどその場合全身麻酔が必要でリスクは高い。手術も同様。
じっくり診ていただいたところ、まだ痛覚はあり重度ではないと思われるため、
とりあえずステロイド注射に毎日通って、回復を望むことになりました。

レントゲンの時も診察の時も注射のラインをさした時も、震えながらも一言もなかず
じっと我慢しているミント。ごめんね、ごめんね、涙が止まりませんもうやだ〜(悲しい顔)

家に帰ってシートの上に置いてあげると、大量におしっこをしました。
動けなくて我慢してたんだね。ごめんね。

昨日は食欲もなく、まるで生気がなくて夜も眠れない様子でしたが、
注射をして少し良くなったのか、ご飯は勢いよく全部食べましたし、
明らかに表情が変わりました。

動かさないようにしていたのですが、目を離した隙に足を引きずりながら
トイレまで必死で這っていった時には涙が出ました。
夜は寝息をたてて眠れていたので安心しました。

今日の朝もご飯を食べて、昨日は立てなかったのが、なんとか立って
排泄もできました。歩くことはまだできません。

注意が必要だとわかっていながら、正直、椎間板ヘルニアがこんなにも
恐ろしいものだとは知りませんでした。本当に情けないです。

息子はミントの姿を見て顔をうずめて大泣きしていました。
私もかわいそうで、悲しくて、不安で仕方がありませんが、一番つらいのは
ミントだから、もう泣かないで、とにかく今は毎日注射に通い、
安静を保つことに全力を尽くしたいと思います。

h-180.jpg
なっちゃんも見守っているからねクマ

h-181.jpg
がんばろうね、ミンちゃんexclamation×2

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
最後まで読んでいただきありがとうございます!ほかにもかわいいワンコがいっぱいです(o^ ^o) /
ニックネーム ミントママ at 22:01| Comment(10) | TrackBack(2) | ミント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランキングからきました。
「椎間板ヘルニア」辛いですね。
我が家のMDも昨年1月に発症しなんとかステロイドにより回復しました。今は元気に走れますよ。きっとミント君もゆっくりゆっくり回復してくれますよ。泣き顔、不安な顔はミント君によくありませんよ。がんばって。ヘルニアになった時、いろいろ調べたら「鍼治療」で東京目黒にあるオーシャン動物病院を知りました。実際そこに通い治療された方のブログも見ました。「チヒロの絵日記」「愛犬ダックスがヘルニアになってしまったら」 もしお住まいが近くならと思いコメントしました。我が家は三重なので遠すぎて・・・。もし参考になりましたら幸いです。がんばれミント君
Posted by まついち at 2010年05月26日 01:21
「お誕生日おめでとう!!」のメッセージが遅れに遅れてしまい、私もごめんなさいです。

日本語での疎通ができず、日々もどかしい思いをするので、余計に自分を責めたくなりますよね。あとから振り返ると、「もっと・・・できたのに」と思えるけれど、その時その時は、たくさん考えて最良と思われる選択をしているので、ミントママさんは、できる限りのことをされたと思います。

ミントさんは、ママさんのことを責めていないと思います。「そばにいてくれて、ママさん、お兄ちゃん、なっちゃんありがとう」と感謝していると思います。

今までに比べて不自由になった姿を見ているのは、辛いですよね。
でも、ミントさんは人間と違い、こちらが心配するほど悲観していないのではないでしょうか。
痛みから解放されさえすれば、ご飯を見ては幸せに思い、ママさんに撫ぜられては、嬉しく感じ、なっちゃんのうがいを聞いては穏やかな気持ちになる思います。

今回のことで得た知識があるとすれば、ミントさんのおかげですね。

もう少し時間がたち、みんながほんの少し幸せになることをお祈りしております。
Posted by だぼだぼ at 2010年05月26日 14:33
ミントママさん、こんにちは。

ミントくんもなっちゃんも可愛くて、いつもブログで癒されています。

以前、希望ちゃんの預かりをされてる時に1度コメントを入れた よここです。

ミントくん、大変ですね。
まついちさんが書かれています「オーシャン動物病院」ですが、
ミントくんと同じCAJAさんから保護犬を迎えた方のダックスくんが、
椎間板ヘルニアになり、やはり「オーシャン動物病院」で治していただいたブログを
読んだ事があります。
我が家もダックス飼いなので、記憶しております。
私も何か参考になったら…と思い、書き込みさせていただきました。

ミントくんが早く良くなりますようにお祈りしています。
Posted by よここ at 2010年05月26日 17:20
ご無沙汰しちゃいました。
ダックスは椎間板ヘルニアが多いみたいですものね。
ミント君・・・早く良くなるといいですね。
うちもビサルがセンターから出したばかりの時、立つ事も寝返りする事も排泄をする事もできなかったあの頃を思い出します。
ミントママの心痛、お察しいたします。

私の体調が悪いため(耳の調子が悪いのです)預かりを休んでいるのですが、ミント君が回復して、ミント&なっちゃんと譲渡会で再開できることを祈ります。

ミントママは本当い優しい方だから、ミント君も安心して治療できているんだと思います。
ミントママ、応援してますょ〜四葉
Posted by こぶた at 2010年05月27日 11:45
横浜市戸塚区にある保田動物病院はダックスに多いヘルニアの治療に力を入れているようです。コルセット、鍼治療などを取り入れ、リハビリもしています。ステロイドは強い薬で体にはかなり負担が多く、続けると今度は内臓がボロボロになります。ミントくんは高齢なので、なおさら慎重に治療方法を選んであげてください。
Posted by ポピン at 2010年05月27日 15:09
「椎間板ヘルニア」ダックスに多い事は知っていましたが、急に歩けなくなってしまうほど怖いものだとは知りませんでした。ミントママさんも急な事でどんなに不安になられたことでしょう。病院に行くタイミングも難しいところですよね。

ミント君もまついちさんのお家のダックスさんのようにステロイドで回復できるようお祈りしています。
Posted by ちい at 2010年05月27日 15:11
まついちさんへ

はじめまして!コメントありがとうございます。
1月に発症して、もう元気に走れるようになったんですか!すごい!よかったですね。
オーシャン動物病院、必死で情報を探していたら私も辿り着きました。
郊外のわが家からは遠いですが通えないことはないです。ぜひ検討してみます。
本当に泣いたり不安な顔はワンコにはわかりますよね。ミントのために頑張ります!

だぼだぼさんへ

心にしみる、優しいお言葉をありがとうございます。涙がこぼれました。
そうですね、確かに人間は、不自由な姿を見て胸が痛みますが、
きっとワンコは人を責めたりしないと思います。
そこがまたせつなくもあるのですが…またひとつミントに教えられました。
未熟な飼い主ですが、ミントがまたゆっくりと歩き出せるように、力を尽くしたいと思います。
温かいコメントありがとうございました。

よここさんへ

コメントありがとうございます!
こんなのんびりなブログにまた来ていただいてありがとうございます。
オーシャン動物病院はやはり評判がいいんですね。
同じCAJAの会のダックス君がそちらで治ったなんて希望が持てます。
ぜひ検討したいと思います。貴重な情報ありがとうございました。

こぶたさんへ

こちらこそご無沙汰しています。
そうそう、ビサル君も最初はとても心配でしたよね。
だけど今はあんなに元気に走り回って…生きる力ってすごいなと思います。
「ミント」は雑草なので、とても生命力が強いんです。だからミントとつけました。
ビサル君みたいに元気になれるよう私も頑張ります。

体調が悪いのですか?お大事にしてくださいね。
実は私もなんだかいまいちで…でもまた万全になったら預かりは再開したいです。
またいつか譲渡会でお会いできるのを楽しみにしています。

ポピンさんへ

コメントありがとうございます!
「保田動物病院」早速HPを見てみました。ドラマのようなものすごい設備ですね。
ステロイドはうちの息子も長い間お付き合いしていますが諸刃の剣です。
薬で急性期を乗り切って、なんとかうまく減量していけるといいのですが…
鍼治療はぜひやってみたいと思います。貴重な情報をありがとうございました。

ちいさんへ

本当に、私もこんなに怖い病気だとは罹ってしまって初めて知りました。
元気なときはあまり考えないのに、いざ病気になるとうろたえてしまって
本当に情けない限りです。
温かい励ましコメントありがとうございます。
みんなでなんとか乗り切れたらと思います。
Posted by ミントママ at 2010年05月27日 23:06
遅くなりました。

ミントくんの辛そうな表情、
見守るなっちゃんのどうしようもなく不安そうな表情、
なんともいえず、いたたまれない気持ちになります。

ミントくん、なっちゃんのファンですが、
いつからか息子さんのファンでもあります。
気持ちのやさしい、いい息子さんだと思います。
私も小学校4年生のころ同じようなことがありました。
私は情けないことに、自分の辛い気持ちしか見えず、
親やきょうだいにあたり散らしたのを覚えています。
自分の力ではどうしようもないことが悔しくてしかたなかったのです。
息子さんもきっとお辛いと思います。

アメリカのある犬の行動研究者がいっていました。
「走り回れる広い庭は犬の飼育にとって理想的です。
 でも、たとえ狭い部屋の中でも飼い主に遊んでもらえることと、
 どちらを選ぶかと問えば、
 おそらく全ての犬が飼い主に遊んでもらうほうを選ぶでしょう」と。
犬についていろんな人がいろんな考え方をもって接していると思います。
私たちにできることの変わらないひとつのことは、
気持ちを寄り添わせるということにつきるのかもしれません。

私はいま一人暮らしで、
断りもなく膝の上に顎をのっけてくれる犬もいません。
でも私は犬が大好きです。(←“大好き”のところ太字でお願いします)

みなさんのコメントにあるように、
ケロリとした表情のミントくんを見られる日を
楽しみにしています。
Posted by sibuG3 at 2010年05月28日 01:42
こんにちは。

コメント2度目ですが
いつも拝見させていただいてます。

ミントくんの辛さ、ご家族皆さんの心痛お察しいたします。

椎間板ヘルニア、こんなに怖い病気だとは知りませんでした。
治療が功を奏し、またのんびりするミントくんとなっちゃんの姿が見られるよう信じてお祈りいたします!

頑張ってください!!
Posted by キョウコ at 2010年05月28日 12:34
sibuG3さんへ

心のこもったコメントありがとうございます。
本当に犬が「大好き」なんですね。わかります。
私も子どもの頃に飼っていた犬には何もしてあげられず、後悔ばかりが残っています。
息子は普段は世話もしませんが、いつもそうなんですが、今回のミントの異変にも一番に
気づいて「早く病院に連れて行こう!」と本当に心配していました。
いいお話をありがとうございます。幸い?ミントは活発に動くことを好まないので(笑)
穏やかに過ごせるようにしてあげたいと思います。
でもまた散歩に行ける様になって、大好きな「においかぎ」ができる様に
なればいいなと思います。

キョウコさんへ

コメントありがとうございます!
こんなのんびりなブログに来ていただいて本当にありがとうございます。
私もこの病気がこんなに怖い病気とは知りませんでした。
病気になってはじめて健康であたり前の毎日がいかに幸せなのか改めて感じます。
また穏やかな毎日がすごせるように頑張ります。
Posted by ミントママ at 2010年05月28日 22:47
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2090402

この記事へのトラックバック

愛媛県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 愛媛県 - 直あど交換所
Tracked: 2012-11-18 08:04

激安 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 激安 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2012-11-27 06:01